埼玉古墳軍ロゴ埼玉古墳軍ブログ     元のHPはこちら→埼玉古墳軍

群馬県藤岡市宿神田地区遺跡群現地説明会 ― その2 K-9号古墳2013年07月11日

南西から。今回調査区中では最北端にある。約8mの円墳とされる。石室まわりの積石が残されているのみで、方墳状に見える。
K-9号古墳南西より全景

石室は主に凝灰岩切石を玄室に、自然石を羨道にと使い分けて作られている。配布資料の写真には見えていなかった梱石が見えている。
K-9号古墳正面

南東から。わずかに埴輪片が出たので本来は埴輪があったらしい。
K-9号古墳南東

玄室石材には鑿跡が残る。鉄刀、鉄鏃、ガラス製品などが出た。
K-9号古墳石室正面

側壁の状況。
K-9号古墳石室側壁状況

北東から。奥壁は壁と言うより岩塊。
K-9号古墳北東奥壁頂部

群馬県藤岡市宿神田地区遺跡群現地説明会―その12013年07月08日

 現在宿神田(しゅくじんだ)地区の土地改良事業にともない周辺古墳群の一部の調査がすすんでおり、このたび現地説明会が催された。
 簡単に言えば区画整理をしているわけで、調査後どうなるのかが気にかかる。事業の計画書の概要には「施工時には古墳を避けた計画をし、遺跡群を守る配慮を図る」と記されており我々としてはそれを信じて地元を応援したい。
 また、この古墳群は「三名川古墳群」「神田・三本木古墳群」「美九里地区~号墳」などと呼称が入り乱れてややこしい。群馬県では平成24年度から27年度にかけて古墳総合調査が行われるということでもあり、それによる整理も期待される。

調査区の2012年春頃の様子。当時の細長い土塁状のものは近接した複数の円墳であること、削平された古墳があることなどが明確になった。
2012年時の調査区全景

出土品の一部の展示。刀子・刀・鉄鏃、埴輪の一部、装飾品など。器類が極めて少ないのは整理状況によるものか。
出土遺物展示状況

今回の調査対象は6基で以下のような配置になる。もちろん周辺にはこれら以外にも多数の古墳がある。
配置概要図

北東から見た現在の調査区全景。貴重な平坦地であり、耕作地として有効に利用したいのももっともである。遠景の森や丘にも多数古墳がある。
2013年7月現在の調査区全景

調査区北西近くの高橋塚古墳。全長24mほどながら形の良いトランジスターグラマー(超死語)的前方後円墳。前方部の角も比較的明瞭。
高橋塚古墳全景

石室は見えないとの情報があったが小さく開口していた。墳頂に近すぎるようなので本来封土がもっとあったのかもしれない。
高橋塚古墳後円部石室開口部

石室内部。かなり埋まっている模様。他の円墳と似た材質および構造のようである。
高橋塚古墳石室内部状況

墳頂に露出した奥壁と思われる石材。墳丘は他の円墳のように積石塚状ではないように見える。築造年代に差があるためか。
高橋塚古墳後円部頂露出石材

高橋塚のさらに西に幅の広いトレンチ状の溝があった。道路予定地だろうか。奥に円墳跡の礫床のように見える部分がある。
高橋塚古墳西方トレンチ

以下、追って各古墳を掲載する予定。

群馬県藤岡市、三名川古墳群不明墳2012年04月01日

浅間神社古墳の参道を下って貯水池脇の道を東に進み、さらに分かれ道を南下した藪の中に発見した古墳らしきもの。地形図では神社マークがある付近に相当する。藪ではあるが道が付いている。
三名川古墳群不明墳

藪の古墳からさらに下ると慰霊塔の奥にある河原石が露出している古墳の脇に出た。
三名川古墳群慰霊塔奥の古墳

三名川古墳の工業団地寄りの付近は何やら間際まで埋め立て工事が進んでいた。もしかすると消滅する古墳もあるのかもしれない。
三名川古墳群